FC2ブログ
 
■ブログ内検索

■プロフィール

永田矯正歯科

Author:永田矯正歯科
大阪市大正区の矯正専門歯科医院です。
▼永田矯正歯科ホームページ
http://www.nagata-ortho.com/
院長:永田裕保
(日本矯正歯科学会専門医)
大阪市大正区三軒家西1-9-34

永田矯正歯科は学会認定の専門医です


デーモンシステムのすべて"

■カテゴリー
■最新記事一覧
■関連リンク
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告
正しい噛みしめから驚異の瞬発力が生まれる
 
 アスリートの運動能力に大きく影響するのが、お口の中のトラブル。一本のむし歯、噛み合わせのずれによって集中力も身体の安定性も低下し、転倒や怪我の原因にもなります。
 たとえば、スケートは想像以上に口への負担が大きいスポーツ。フィギュアスケートのジャンプは大抵の選手が左回転で、踏み切る瞬間、左の奥歯に強い力がかかります。歯肉の炎症やあごのずれが起こりやすいので、日頃から歯のチェックは欠かせません。
 スピードスケートのトラックも左回転。カーブを曲がるときは遠心力に負けないよう頭部でバランスをとるため、必然的にあごにもその影響が現れるようです。特に、トップの選手ほどあごが右にずれてしまう傾向があるようです。
 清水宏保選手にもその傾向があったため、学生時代に噛み合わせを正しい位置に矯正するスプリントを製作し、競技中にもはめるようにしていたところ、直後の大会で見事に世界新記録を出しました。「しっかり噛みしめられる口の状態が、理想的なスタートにつながった」と本人も語っています。
 その後、弾丸のように飛び出すロケットスタートは清水さんの代名詞となりましたが、スタートに必要な瞬発力をより発揮しやすくするために、正しい噛み合わせはとても重要なものです。
 走る、飛ぶ、持ち上げるなど、日常的な動作であっても、人間が何か力を出すプロセスには、必ず歯を噛みしめる瞬間があります。それがうまくできないと、とっさのときに必要な力を発揮できないのは、アスリートも一般の方も同じこと。
 健康な歯やあごは、パワフルに動ける全身につながることをぜひ覚えておいてください。
20080418210803.jpg

 

スタッフより

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。